ず肩こり薬っと探している

Pはずっと探していますpこの春、例年とは違いないかもしれないが、極太の大風が黄砂を巻いて飛び交っている.北西の春、砂ぼこりが常連となった.ある意味、それはもう単一の砂ぼこりと称されていない、北西のシンボルになっているようだ.そこで、私は頭を上げ始めて、半天に引き裂くている小さな砂粒を探して、長い間に1粒の砂も探し当てて、風の中で漂っている砂はそんなに軽薄て、そんなにちっぽけで、そんなに小さくて.ちっぽけな発見は存在しない.このように発見は私に突然分かって,肩こり薬、人はこの巨大な世界に生きてまた1粒の砂に似ていますか?またどんなにひとつの砂の砂を食べますか?違うのは,砂には食事を必要としない,寝てはいらない、生きるために一生懸命に奔走している.彼らはいつもその自然に顺調て、争いを争わないで、生きているような気楽、屈託.腹を探り合って暗闘しない、狐と狸.彼らの生命の中で永遠に1つの美しい言葉を追求して自由と呼びます」.ときに、私は生きてまだ1粒砂、生活には風の中の砂のようなうわつい、いつも砂の数十万倍以上の圧力に耐えていました.砂ぼこりの中で私は探して、砂を探して永遠に自由の力に満ちています.

一年、私はずっと1部の安定の仕事を探しています.しかし、いつもその話人は江湖、心にはない.心は安定しているとは思っていたが、頭のはえた蝿のように、どこかでぶつかって、仕事が一本も、次のように出て行って、また戻ってきて、また戻ってきた.帰ってきて、また出て行って.最後に自分でやって疲れて、体を疲れて、ただ心は疲れて、心は疲れます.その物寂しい、その茫然として私は戸惑う.ついにある日私はやっと発見して、もと自分の内心ずっと探していたその言葉は落ち着いている.はい、穏やかに探しています
.郭文斌先生はもうとっくに彼のこの本の中の話が多い.少なくとも体の落ち着いて、心の安らぎを探しています.

は、二十年の歳月、流水、浮雲、毎日のように家の前のポプラの木の影に似て、太陽の移動は長と短く、また短く長いの変化につれて変化して、理由がなく、解釈していない.四季に分けない、轮廻しない.老いたのはこずえに鳥の鳴き声と木陰に父の咳をした.父の咳が出て一連の泡のような湖底に、ぐつぐつ、ぐつぐつ….その熟知する音を抜けて、門の前のポプラちくちくと絶えずに私の耳に入って、私はだんだん見えてきた若い父親への過度の高齢者.この過程は年間計算することはできなくて、それはたくさんの密なたくさんの密ないっぱいの日の羅列を使って.これを通じて、また触ることができない日々というものを通じて、私は急に生活の中の多くのものがすべて敗れたことに敗れたようです.置いて壁の隅のそれを含むさびついたシャベル、積んで門の前のほとんどが風に吹かれて平らな盛り土と母は少年の時に着たその身に古い花綿入れの父と数十大わんおせち食べる用.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です