ビー肩こり薬ルは海鮮食べて食べてはいけません

たくさんの人がビールには海鮮食べて食べられないという人が多いのですが、理論根拠はありますか?ビールは,海鮮と一緒に食べることができますか?次に理解してください.

よく人が海鮮を食べてビールを飲んで、痛風発作.当病院を受診を送って、医者は念を押す:海鮮で大量に含まれるというプリンの物質を経て、それから転化して代謝尿酸、尿酸すぎると,肩こり薬、痛風、ぜひ食べながら海鮮、特に海鮮を食べながら、ビールを飲んでない.そこで、この道を組み合わせてほとんど知って禁忌食.

pは他の伝説の食事とタブーと違い、この説は間違った、問題の全貌がないと言うことは間違いない.プリンは尿酸、尿酸の蓄積は確かに痛風,海鮮にも相当多く含まれるプリン.でも、プリンは食べ物の中に広く存在し、海鮮には存在しているわけではあり.一般的に、魚介類や肉類には多くのプリン、動物ホルモンがもっと高いということです.植物性食物、例えば豆制品にもプリン.痛風患者にとって、いかなるプリン含有量高い食品を食べても症状が誘発可能です.

にはビールにはビタミンB 1が含まれ、ビタミンB 1がプリンを招いて尿酸に転化していると説明します.この言い方はついえだ.ビール生産にはビタミンB 1が大量に含まれているが、酵母の量は小さいという.だからビールにビタミンB 1が非常に低いので、完全に見落とすことができます.またビタミンB 1の吸収は、アルコールの抑制にも.と同時に、プリンは尿酸に転化する正常な代謝となり、ビタミンB 1を食べないということは避けられない.

は、ビール中のアルコールは体内の代謝産物で尿酸と競争するルートを、尿酸の排泄に影響します.この言い方は一定の合理性がある.でも、ビールとシーフードだけではなく、どんなプリンを食べても高い食べ物を食べてから、理論的にこの結果を招いてしまう.アルコールは痛風リスクのリスクの重要な要因で、海鮮を食べても何も関係ない.

は痛風患者にとって、お酒を飲んで海鮮(各種肉と動物の内臓)を食べて、すべて病状を激化することができます.2004年新イングランド医学雑誌に研究、研究者数万人が12年にわたって追跡、その期間、数百人の痛風症例が発見されたと発表した.研究者は、この数万人に日常食に肉や魚介類の量を平均5組分け.彼らの食習慣として発見、肉や魚介類が一番多い組人、食べて少なくとも1組の人、痛風が発生率は50 %高い.健康を考慮に者については、痛風の発生率もそう高くないはずで、肉や海鮮は痛風の影響で、大体と赤身(豚牛肉羊肉など)にいくつかの癌のリスクを与える影響はかなり飲酒の影響もこれに類する.

じゃ、海鮮の時にビールを飲むことができますか?痛風症状の人、どの高プリンの食べ物も避けられない、海鮮はその一つだけです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です