四季の手紙

P四季の信作文<P>朝

朝<P>私は河辺に散歩をしまし.

は急に

して私の頬

をそっと掠める風がそっと掠めるました私は<わたし/ p>と思うようにして子どもたち

は子供たち

ではあなたたちは長い春<に期待していた

を楽しみにしている「Pはもうやっている私はとても興奮して

はとても興奮していますPは矢もなく、小さい小花傘<P>を出して

を出してpは頭に遮ら.

Pはいくつ月

を過ぎました私はいつものように池で葉を採集していまし.

は急に

して1匹のキリギリスが囁くと鳴いています

暑い夏に来てくれてねと、私は手紙を書いてくれました.子供たちは水泳とアイスクリームの時には、子供たちが水泳とアイスクリームを食べる時.」

私は急いで私の思想の中から出てきます

は急いでPは家に帰って水着

に着替えてpは水泳プール

へへ向かってp

は楽しそうに泳いでいる!

私はもうすぐ8歳のあの日

をして、私は8歳のあの1日

を>して、私は8歳のあの1日

Pは森でキャンプ

が急

は急に

して一枚の黄金みたいな葉っぱ<P>には私の小さな手を撫でて<P>とPは地上には

と落ちては私は小さい葉を拾って<P>を拾って

私は小さい葉を見て、小木の葉に手紙を書いてくれました.親愛なる子供

は、「親愛なる子供<P>であると書いてある.もう黄金色の秋になります

p天気は寒くなりました.p>はたくさん着てね!」

私はこの手紙を読んで、私はすぐにコートを着て

を着ますにはテントに帰ってきました.

またいくつかの月

私は一人の友達が私に遊びに来ます

を探して<P>を探して

を探していますP私はコートを着ているところ

を着ているところです急

は急に

してp 1通の手紙が落ちてきてしまった<P>

私はすかさず起信

かわいい子

は可愛い子

で詳しく読んでいます.私は冬娘<P>です今はもう冬になって<P>となりましたが「Pは真っ白に茫茫

ではは子供たちに注意している

は子供たちに注意しているp冬は冬だね

p>はたくさん着てね!」

Pはこの手紙を読み終わって<P>私は急いで綿入れを着て

を着て<P>を着て

に友人と一緒に遊びながら一年の喜びを待つ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です