四季の肩こり薬養生のかゆは異なって季節は異なった養生粥を選んで

養生といえば、多くの人はふだんすべてかつて注目した、いくつかの常用の養生方法によって,飲食の養生の方では、現在最も簡単に受け入れられているし、養生粥は最もよくあるのため、本文はわざわざ養生のかゆの紹介のいくつかの四季やり方 .

Pは、

は1、夏の養生粥

はpリョクトウレンコンおかゆ

1/2節100グラム/ 2節;清水の6杯

氷砂糖/P適量

氷砂糖まず、リョクトウを煮て、リョクトウに花咲く時、うるち米を100グラム入れ、半熟にして薄切りの蓮根に切って、とろ火で少し煮て熟して、冷却後にしてから.

ヒント:リョクトウ、レンコンは清暑さ、増田唾液の効果、夏の服の食用に適用する.

緑豆鳩麦粥

材料:鳩麦いち/に杯  ;リョクトウのいち/に杯 清水はち杯

p調味料:白砂糖

P作り方:

p> <いち、ハトムギの実緑豆それぞれきれいに洗って液体に浸して

に時間

に、鍋に入れて火を置く、リョクトウとななしち杯水大火に加入し、煮沸して水を1杯を引き続き煮沸した後弱火で煮まで転部リョクトウの開花を加えハトムギの実、大火は煮沸した後転弱火で煮いち時間

p3、砂糖を入れていいです

ヒント:リョクトウハトムギの実を組み合わせてのぼせ美容、夏の女性のいい选択.

p二、春養生粥

p百合粥

P材料:百合、20グラム、うるち米100グラム、清水6杯

氷砂糖の調味料:氷砂糖少々.

まず、ユリを煮て、おからに汁を取りに行き、うるち米を炊け、炊け後に氷砂糖に入れて、後には食用にします.

ヒント:ユリは養陰、肺を潤すこと、健胃,燥火効果、うるち米性甘平は内臓を強くする健胃の功、特に春向きの食用.

『p』百合リョクトウ白玉

リョクトウ1/2杯/21/2杯;清水6杯

、<1/2杯氷砂糖/P適量

氷砂糖P作り方:

1、百合の洗浄水に浸して、リョクトウ、米は1時間以上に浸して1時間以上に浸します

に、鍋に入れて置火、水を煮て火をリョクトウの大火を回転してよんじゅう分煮.

さん、もち米を鍋の中に入れて煮爛熟を入れて氷砂糖待百合百合、煮た後にすぐしかし

ヒント:リョクトウは、リョクトウが早めに泡が、これで煮た時間,肩こり薬、百合は透明白時

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です