小龍が怪我をしました

私たちのクラスはおもしろいクラスです.このクラスにたくさんの事が起こった.

私はあの日、私たちは大休みに活動する準備をしています.でも意外な事が起こって……小龍と小雲はとても興奮して、教室でぴんぴんして、2匹の小さいどじょうは学友達の間に行き来していて.諺によると:いい後は悪い.小龍いつまで登った小外廊下、小雲は窓をあげく、小龍入りさせない,
.うっかりして、小龍の中に窓が夾れている.小龍の悲鳴が聞こえて、痛みの涙を流しました.彼は流出した真っ赤な血を見て、泣き叫ぶ泣き叫ぶ.小雲は事故を起こして、急いで小龍小龍に行って、しかし小龍は感謝して、小雲は小雲を押し開けました.当時私は本当に小龍の小龍に行きたくて、しかし仕方がなくて、私は血を恐れていて.普段お母さんのお母さんは、私はすべて見て、人が血を見ることはありません.おや!小龍小龍を見て、本当に心配していた.その後、誰が小龍に医務室へ連れて行ったか知らない.彼が帰ってくる時、中には絆創膏がしっかりと付着して、顔は痛みます.

Pは、それから、老師、先生が来ました.彼は小龍を講壇に連れて、小龍の怪我の中で、みんなに見て、これは血の教訓だよ..そして、先生はまた小龍に向かって諺によると:十本の指はどれを噛んでも痛いよ!私は小龍が今きっととても痛いと知って、私はかつて指をしたことがあって、これはどんな味です.だから学友達、今後きっといっそう安全に注意して、教室内でふざけないでください.先生の話を聞いて、小龍の涙が止まらなくなった.

今食べても、これからは大人しくして、これからも正直に.

Pは、と、P

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です