春節児童爆竹爆傷の肩こり薬予防や救急

毎年春節,爆竹や花火は我が国の伝統の習わしも、子どもが一番好きな娯楽活動が、しばしば爆竹と花火の児童症例被爆され、ここにお教えいたしますこの意外な応急処置……爆竹の救急いちよう爆傷.手、足や肢体爆竹爆傷出血され、速やかに両手を引っ出血部位の上に、使用雲南白粉薬やニンジンの粉を塗って止血.2 .出血が止まらないなら,肩こり薬、消しゴム帯や布ロープで出血部位の上方、つり上げをつり上げ、病院清の.さんのような目で.爆傷、清潔なガーゼやハンカチをカバーして眼、直ちに病院送り.予防爆竹の傷に暖かくて楽しい春節で、私達は最も望みの意外な事故の発生、爆竹や花火まで、私たちはしっかりと相応の予防措置を、盗人には網を張れ親!注意以下の点に注意させないいち.子ども単独や花火爆竹を鳴らす.2 .子供には、爆竹や花火が、1、2
..3には歩み寄っがない爆竹に近づくには.断固として買いませんよんしよ.品質不明の花火と爆竹!安全花火、爆竹のポイント:買わない粗悪な爆竹のここ数年、祝日前、私は国市場に出て色々な爆竹、一部の劣悪コピー製品も入り交じる:ある特大号爆竹(爆竹)音耳を劈く、爆発の時は升空ではなくぐらい逃げ惑うたり、人の群れの中で爆発危険だ.ある音を聞いて、貴重な視力を失って、1匹の眼球を失って、本当に惜しいです.だから、爆竹の際は購入出来る4ない」、つまり買わない無メーカー無ロットの爆竹、屋台で販売で購入爆竹、貪る安く購入質に劣る大きな爆竹、買わない無打ち上げ説明の爆竹.正規の爆竹の生産メーカーは普通は国家厳格な審査の許可を経て、購入時に生産ロット、メーカー及び製造説明に注意しなければならない.爆竹を鳴らす時は安全に注意して教育して児童はできるだけ爆竹を鳴らすことはいけないことを注意して、もし.爆竹の器具(衛生香)は長、爆竹がともった後にはならないように、簡単に近づいて見て、棒で2回たたき、確かに消火した後に近づいて.ある児童発見爆竹が鳴らなく、急いで爆竹を調べてもある前まで、地を這うばかり見て、往々に近づく時に音がある.火薬爆竹で平均しないで、燃焼遅い)、目や顔に爆傷.また、打ち上げ時には説明書を読み、地上においてはならないようにしておいてください、というのは、手に入れないようにしてください.説明書にも、最高に打ち上げられ、同時に注意固定堅牢を防ぐため、火に触れて倒れ、爆竹逃げ惑うによって爆傷.爆竹を鳴らすのは目にして、爆竹は子供の目の損傷に対して1つの複合けがをしました.爆竹の巨大な外力による眼球の猛烈な衝撃に対して、このような損傷は眼球の挫傷の特徴を持って、同時にまた、まつげ、眉、結膜、角膜と皮膚のやけどをもたらします.また大量の土砂や火薬に入るときは、前房,硝子体出血、虹彩や結晶損傷など、深刻な者はすぐ失明.病人の子供は痛い目に目を感じる、感じ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です