睡眠薬を正しく使って昼夜倒錯の肩こり薬不眠はつらい

◆マッカイ記念病院薬剤師/郁弘.詹璧玮薬師

による行政院衛生署の統計によると、睡眠薬zolpi-dem 96年使用量はいち億さん千あまりの万粒の約92年の2倍、98年の健保申告金額よりガンダムはち億よんしよ千あまりの万元で、同年度のすべての医薬品健保申告金額は総合第じゅうななじゅうしち位.

Pは患者から病院、またがり科にぶらつきて繰り返して繰り返し.

が鑑に台灣市場すでに大量乱用の虞ので、今年度健保局の強化を推進する審査鎮静睡眠薬管理の新制度は,肩こり薬、目的を強化監督指導跨院が異常を鎮静睡眠薬の民衆.

は、101年11月6日に各かかりつけ院により、審査制度の重点を提出する重点次の通り:

を強化することを提案している.p>【いち、保険の対象が半年以内、受け取るnime-tazepam、flunitrazepam、zolpidemなどさんの睡眠鎮静剤があったら、クロス院や同院が異常エクシーズ領薬者を調査する選別し、列を配慮し「リストに含まれ、カウンセリングの後期、異常超領は開設連続処方箋者を強化するべきで、審査.

(配慮リスト定義:事例最近ろくヶ月大きい於に250DDD者名簿申告.例えば:zolpidem 250 DDD換算で180日の総線量をに,500mgで、成人は毎日じゅういち粒mgを提案量を計算して、ろくヶ月合計処方250粒は、1日の平均処方必要に1 . 38粒)低い.

【に】凡開設nimetazepam、flunitraze-pam、zolpidemなどさんの睡眠鎮静薬、医療院が必ず入る健保局保険対象特定医療情報検索のプラットフォームに調査を現し、保険の対象が必要の薬の補習.

さんを推進する

に程:102年さん月から正式に実施、医療院のある鎮静睡眠薬処方に入る前に、必要健保局のシステム内の配慮リストは、プラットフォームの開閉率90 %しなければならない、さもなくば違約記時;もしと庭に人连続で治療薬、期間を超えろくヶ月以上(精神科、神経の専門を除く)は、健康保険局に登録されて強化審査の院リスト.

健保局の設置に上述の措置を向上させ、縁起薬の品質を保障し、民衆の薬の安全、民衆が習慣にまたがってぶらぶら病院で鎮静睡眠薬を科の場合、これからよくないが発生しました;かつこの強化審査鎮静睡眠薬管理の新制度は睡眠薬中毒の根絶民衆を不当に薬物乱用防止薬のほか ,頭が収集鎮静睡眠薬で闇市販売、また健康保険費用の支出を節約する薬品、本当に一挙に多い.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です