6種の肩こり薬誤り「座る」法で全身を傷つけた

椅子は腰頚部足の疾病分析は、通勤族にとって、椅子は第二枚ベッド、ほとんどの時間はすべて座って仕事をして、椅子は人々の健康にかかわって、そのために人々の健康について.アメリカによると家族療法のウェブサイトによると、アメリカマッサージ療法協会によると、椅子に座る時に人に低く、巢に易造割席で、腰の痛み、根管症候群や肩の筋肉の群を痛め、椅子が高いとひじの内側に痛みが炎症を起こして.では、椅子の多くのエリートのは最も適当ですか?調節椅子の高さに立ち上がり、一歩遠距離椅子、調節操作レバーを椅子席の最高点はちょうど膝蓋骨偏下、こんなあなたが座るときは一番完璧な姿勢を達成することができる、つまり足が平らに面には、両ひざを曲げては直角.また、テーブルの高さも椅子に合わせて、腰を下ろしたときには十分な空間で両足自由移動、キーボードやマウスの時の腕は持ち上がっない.もし太もも、しょっちゅう機、テーブルの足の下にマット平らかついくらか高度一緻の硬い物を増やすデスクの高さ.もしオフィスに腕をよくないや肩痛、は高くして椅子の高さ、調高后若足にできないより膝や椅子、座るときは足の下で数本.足を組んだ姿勢を訳すの出腰腰痛【分析」が長く続いて変わらない座って仕事を、特に仕事に脚を組んだり、首、背中に続いた負荷、背面の筋肉や靭帯長い時間を受けて過度で損傷し、それによってを引き起こす原因不明の腰痛が、姿勢を良くして、しばらくの時間と、回復するのが正常で、何も問題ない.また、サボって足を組んだ姿勢長座、両足をお互いに押し出して、また脚の血液の循環を妨げ、そのうちにだけ足静脈瘤,肩こり薬、深刻な者に脚の血液還流暢、靑筋暴突、潰瘍、静脈炎、出血や他の病気.仕事の中であなただけ守れば以下の2点に達することができて、首、腰痛予防の目的:1は良好な姿勢は、二の椅子に正しく動作.正しい椅子はまず、1種の姿勢は長座して不変で、2~3種類の安全な座り方の間で絶えず変わることを変えるべきです.次に、椅子に腰をかがめて拾得物するときは、まず臀部を前移から椅子に沿って、足を前移、片手で支えてデスクトップ,そして腰をかがめる.第三、体と体は物を取り,体全体として回転する.第4、電話するときは、壱頭と肩にマイクで支持する側は受話器を取る上肢の肘をテーブルの上を維持し、頭頸部は中立、リラックス位.気持ちが悪いとは限らないが、気持ちが悪いとは限らない.正しい姿勢をとるべきで、腹を収め、上半身背筋下顎マイクロに収めて、両下肢をそろえる.できれば、膝関節はやや高い髋部させる.例えば背もたれのある椅子に座って、はは上記の姿勢の基礎の上になるべく腰背密着背もたれ、腰らかっ部の筋肉疲れない.長座後、活動して、たるん下肢筋肉.また、腰椎椎間板ヘルニア患者は20
cm以下の腰掛けに座って、できるだけが背もたれの椅子に座って、体の部分を重量、減少腰背過労のチャンス.姿勢.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です